座骨神経痛 椎間板ヘルニア

坐骨神経痛とは


おしりや脚にしびれや痛み、つっぱり感や重だるさなどがでることです。

坐骨神経痛と腰痛は一緒にでる場合ももちろんあります。

坐骨神経痛という名称は一つですが


坐骨神経痛の起こる原因には色々ありす。
 

坐骨神経痛の起こる原因①~④

①梨状筋症候群

梨状筋過緊張により坐骨神経が圧迫、絞扼されると臀部や大腿の後面に痛みやしびれ、感覚異常などの症状が現れます。

梨状筋とはお尻にある筋肉です。仙骨という骨からお尻を横切る大腿骨の上部に付着しています。大腿部を外旋させたり股関節を外側に広げるときに働く筋肉です。

②腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が脱出して神経を圧迫してしまい、それにより、腰痛と片側の脚の痛み・しびれ、感覚障害、運動障害、筋力低下などの症状が現れます。

③腰部脊柱管狭窄

50歳をこえた高齢者に多いです。
脊柱管とは背骨、椎間板、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るところのことを言います
高齢になると背骨が変形したり、黄色靱帯が厚くなり、その脊柱管を狭くなりそれによって神経が圧迫してしまいます。

神経根や馬尾神経と呼ばれる部分が圧迫され、腰痛や脚の痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる脊柱管狭窄症の特徴的な症状が現れます。

④トリガーポイントによるもの

これは偽坐骨神経痛と言われるもので、腰やお尻の筋肉が硬くなりその凝りが原因で下肢に痛み・しびれ・などの症状が現れます。


その凝っているところを圧迫すると
患者さんが訴えている痛い場所と同様の部位に放散痛がでます、それを
トリガーポイントと言います。
そのトリガーポイントによって坐骨神経痛と同じような症状が再現されます。

 

まずはお気軽にご連絡下さい。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3620-1502

「はい、プメハナ整骨院です」と出ますので

「ホームページを見たのですが・・・」

『①お困りの症状またはご希望の施術』

『②ご希望の日時』

『お名前とご連絡先』

を教えてください。

プメハナ鍼灸整骨院(東京都足立区谷中・北綾瀬)は痛みの改善とアンチエイジングに力を入れています。お気軽にお問合せください。

受付時間:9:00〜20:00
定休日:水曜日、日曜日


診療時間は下部のカレンダーをご覧ください。

診療時間のご案内

 
9:00~12:00

X ×
12:00~16:00 ×
16:00~19:00 ×
19:00~ ×

○は通常診療(保険診療)、◎は完全予約制(自費治療)、△は予約優先(保険診療と自費治療)、☓は休診

平日19:30以降予約(自費治療)のみの受付となります。

交通事故(自賠責保険適用)治療22時まで(事前予約制)受付しております。

祝日午前は予約優先 午後は完全予約制
休業日:水曜日・日曜日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-3620-1502

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せフォーム

ごあいさつ

尾園 信幸

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ